金閣寺の後は、岡崎東天王の「岡崎神社」へ。
岡崎神社
平安京創設時に平安京の東(卯の方角)を守るべく創設されたのが始まりという。この岡崎村自体、野兎が多かったそうで。
いわれ


今年は兎年ということで、元旦からの初詣は多くの参拝客だったようで。今は正月も過ぎ、空いていました。
拝殿


ここは兎に関係するものが多かったです。

拝殿では狛犬ならぬ狛兎、招き兎がお出迎え。ここでは兎は神さんの使いなんだそうです。
招き兎狛兎


手水舎では黒光りする兎像が。
手水所でのうさぎ像

像の腹をさすると、子宝に恵まれるという。
縁結びと子授けの神さんなんだそうで。

他にも兎の因んだものが多かった。そのどれもが可愛いのだ。
兎を愛しているかたは是非行ってみたらええと思います。

因みに京都市交通局の初詣広告を飾った岡崎神社のウサギは、おみくじなんですな。初詣のときはあっという間に売れ切れたそうな。
ウサギの置物ポスター



東天王岡崎神社(”崎”の正字は山偏に立可。機種依存文字)
京都市左京区岡崎東天王町51
四条河原町、四条京阪前などから市バスで「岡崎神社前」下車。
岡崎神社前にタイムズ有り。
地図

リンク:東天王岡崎神社@京都十六社 朱印めぐり