とある建築系ブログを覗いたら、「JR京都駅ビル」に関する記述があって、駅ビル建設の指名コンペでは、かつての平安京の入口である「羅城門(らじょうもん)」を意識した空間が配られているものばかりだったという。
今の京都駅ビルでいうと、烏丸通の延長線上には「烏丸小路広場」。室町通の延長線上は「東西自由通路」となってて、ともに、ちょっとした空間が南北に貫かれています。

京都駅ビルができたときは新幹線を京都駅に到着したときに幾度か拝みましたが、醜悪な建物が横長に続くのだなと観ていましたが、日々の通勤で通うと慣れてくるもので、この時期、遅い時間の列車を待っている間は季節風避けになるのかと思いました。

駅ビルの中は都の入り口に相応しく施設が充実してて、平成の「羅城門」といってもいいんじゃないかと思います。

リンク:JR京都駅ビル@建築マップ ARCHITECTURAL Map

因みにかつての「羅城門」跡は、今の九条通沿い。「京阪国道口」交差点を西へ進んだところに小さな公園になっています。石碑があるくらいで、名残はまったくといっていいほどありません。