近畿を地盤にチェーン展開しているスーパーマーケットの中に「イズミヤ」があります。
イズミヤ花園店@地下鉄花園町
イズミヤは関東に進出してて、千葉の検見川浜や栃木の小山(おやま)にも出店していますが、関東では知名度はほぼゼロだと思います。

イトーヨーカ堂は関西に進出してきたときから、お高くとまってた感があったし、ジャスコ(イオン)もそうなりつつあるのに、イズミヤは今もサンダルで気軽に買い物行ける感覚は相変わらず。

本エントリーのトップの画像はイズミヤ1号店の花園店。大阪は西成の花園町にあります。下町なロケーションなんで、自転車で来るマダムが殆ど。西成ということもあり、一階食品売り場の総菜構内で物色する労務者風男性の一人姿が結構見られます。

それとイズミヤへ行くと、店内にはオリジナルのBGMがかかっていたり、エスカレータには子供たちにエスカレータの注意を促すアナウンスが流れるのですが、そのどちらもまったり感があります。



このまったり感は最近のイオンにはないんだよなあ(笑)

同じ花園町には激安がウリの食品スーパー「スーパー玉出」があります。こちらは看板が黄色いネオンで派手派手。店内のアナウンスでは社長の甲高い声が響いています(笑)

リンク:
イズミヤホームページ
スーパー玉出

おまけ
京都市内の「イズミヤ」は看板が青と白の2色で配色。
京都市内のイズミヤは看板が青い



京都市の景観条例により、派手でなく2色の看板に変えたようで。
こちらのほうがええやんてな人がいるかも?
#画像は「伏見店」。