23日日曜日は、近鉄花園ラグビー場での日本選手権ワイルドカードトーナメント2回戦の神戸製鋼コベルコスティーラーズ×福岡サニックスブルース戦へ。
神戸製鋼×福岡サニックス試合前
リーグ戦終了してから、中1週空いてのワイルドカードトーナメント。

相手はリーグ戦@富山で苦杯を舐めさせられている「福岡サニックス」。
あのときは後半投入されたヘスケス選手を止められずトライを量産された。あの苦杯は忘れられない。

神戸のメンツは以下の通り。
WTB大橋選手がゲームキャプテン。
平島、正面、大畑の各選手は負傷。大畑選手はリーグ最終節で膝を負傷し、そのまま交替そして現役を引退。

  安江 松原 山下
  林      谷口
   橋本  ブラッキー
    伊藤(鐘)
     猿渡
    グラント
大橋 山本 今村 アンダーソン
     濱島
(リザーブ)
村上、山内、植村、マパカイトロ、佐藤、市来、小笠原

きょうのテーマとしてはスクラムやラインアウトでは優位にあるので、FW戦に持ち込め、と。大人げない闘い大いに結構(笑)であったんですが、前半から「サワタリよ、なぜキックばかりスルか?」と言わんばかりに、SHはキックで相手にボールを献上し、自身を追い込んでたなあ(苦笑)
このほかにも「空気読めない」プレーが多々。ラグビーに関しての「インテリジェンスが足らない」のは今に限った話でないけれど。
この日のFBは前節と同様に濱島選手。多少のプレー選択ミスは大目に目をつぶらないとイカンのか・・・FBがミスすると、致命的な失点に結びつくねんけどなあ。でも濱島選手は前半だけでも2トライ(前後半合わせてハットトリック)を挙げたのは評価。多少、カラダが大きくなったかね?
よく走った濱島


前半は福岡サニックスに1トライ返され、22−7でハーフタイム。他の相手と違って、ヘスケス選手のいるサニックス相手にセーフティリードに非ず。
ハーフタイム


後半早々からヘスケス選手登場。WTB起用か。

序盤はヘスケス選手にボールが回るも、徹底したマークの上に、彼自身もボールをもらう位置が早かったので、大きな危機になるのは防げましたが、その後は、トップスピードでもらった彼はステップにキレがあり、とめられない。彼の真骨頂。
ヘスケスのトライ

後半は一時41対21とリードしていたんですが、その後3連続トライされ、41対40の1点差。
一点差


そのとき、スタジアム内は異様な興奮状態。私はひやひやでした。バックスが一体となった攻撃はほんま脅威でした。

神戸は選手は冷静でない感じで、FW選手は脚が止まってました。相手を突き放す絶好機のラインアウトでも放り込みをミスするFK松原くん(苦笑)など。逆転を覚悟しましたよ。

しかし、この後は自陣でサニックスの連続攻撃に必死の防御で凌ぐと、相手のミスから最後はCTB今村雄太選手が個人技で防御を破って中央にトライし、勝利を決定づけました。
今村雄太トライ-1今村雄太トライ-3


後半はサニックスの速攻の展開ラグビーに苦しめられましたが、勝利をものにしました。
結果

試合後は神戸の応援席からもサニックスの選手たちに労いの言葉がかけられました。
ノーサイド

第一試合はNECがリコーに逆転勝ちし、NECと神戸が日本選手権進出を決めました。

◆1月23日 大阪・近鉄花園ラグビー場

第一試合
NEC 38−33 リコー
第二試合
神戸製鋼 55−40 福岡サニックス
(前半22−7)
(後半33−33)

リンク:
第一試合結果@トップリーグ公式サイト
第二試合結果@トップリーグ公式サイト