南海ホークスの本拠であった大阪なんばの「大阪球場」に通年営業していたスケートリンクがあった話題について、twitterで触れられていました。
19881015大阪球場


(画像はベースボールマガジン社発行の「さらば!南海ホークス」より。)
「大阪球場」は出来た当時から野球以外のレジャーも楽しめるよう、さまざまな施設が設けられていました。
高く聳えた内野スタンド下には文化教室にビリヤード、卓球場、ローラースケートなど。
大阪球場スポーツセンターの広告


左翼スタンドの外側には別棟の「大阪球場スポーツセンター」があり、そこには、ボウリング場(確か建物の塔屋にボウリングのピンの看板が建っていたことを記憶)にスケートリンクがありました。
大阪球場スケートリンク


(上2枚の画像は1988年南海ホークスイヤーブックより。)

私はスケートやらないので、スケートリンクに行ったことはないですが、こうして写真を見ると、結構大きな施設であったようです。
スタンドが設けられていたようで。アイスホッケーの日本リーグに所属していた「福徳相互銀行」のホーム会場であったことがよくわかります。

今の「なんばパークス」で大阪球場時代から継続営業しているレジャー施設は場外馬券売り場の「JRAウインズ難波」くらいです。
通年営業しているスケートリンクは大阪府立体育会館の裏側の「浪速スポーツセンター」こにあります。

リンク:naniwaアイススケート場