本日27日放送のABCラジオ「日曜落語なみはや亭」(8:20〜)は桂三枝さんの創作ネタおろし(初演)で『親父の演歌』。
口演は2011年2月4日、天満天神繁昌亭での「第79回創作落語の会」で収録。

噺は77歳の父親が死んだ母親の為に歌を作り、自ら歌うというもの。
噺の途中で、突然桂文福さんが登場。相撲甚句や謎かけをした後、三枝さんが噺の主人公の役のままでが挿入歌『なにわ恋サブレ』を実際に唄いました。歌うシーンを態々入れるくらいので、三枝さんはもちろん歌が巧くて(微笑)
歌謡ショウ仕立てで、場内は大うけでした。

リンク:親父の演歌@席亭桂三枝の落語的日常