「東京大空襲」がありました。
東京の大部分が焦土と化し、多くの犠牲者を出したそうです。

大阪も同様に都心部は戦災の被害にあったので、戦前からの銭湯は残ってないようです。
生野区の「源ヶ橋温泉」は、都心から離れているので、戦争の被害に遭わなかったのだと思います。そこからだいたい一駅分の位置にある「四天王寺」は五重塔などが空襲で焼けたんですが。

「源ヶ橋温泉」のモダンなファザードや内装を見ると、当時の大阪都心の銭湯の建築もさぞ、素晴らしいものであったのではないかと。
今と違って、当時の大阪は「大大阪」といって都市全体に勢いあったようですし。

戦争の被害が大きくなかった京都市内には、戦前から建てられた多くの銭湯が残っています。それがモダンな建築で凝った内装もあって、愉しめます。
京都へ来たときにビジネスホテルに予約をとられた場合、近くの街の銭湯に云ってみて下さい。ホテルの風呂より銭湯のほうが街の文化、伝統、情緒に触れられますよ。

以下、amazonへリンクしています。

京の銭湯 本日あります (らくたび文庫)
京の銭湯 本日あります (らくたび文庫)
クチコミを見る