「東日本大震災」が発生してから大阪のFMラジオ局「FM802」では、通常の番組を変更し、ほぼトークなしの音楽掛け流し、そしてニュースを読み上げる放送が続いています。
CMも通常のスポンサーのものが放送されず、替わりにACジャパン(旧・公共広告機構)のCMが放送されています。
そのひとつが、プロ野球阪神タイガースの選手だった赤星憲広さんが、現役時代からそのシーズンの盗塁の数だけ病院や施設に車椅子を贈っているというもの。
赤星さんは引退後も車椅子を贈り続けているそうです。

赤星さんは引退後、関西のメディアを中心に仕事されているので、これからもがんがん仕事してもらって、多くの車椅子を贈ってもらいたいと思います。

リンク:2010年度地域キャンペーン:ボランティアは生涯現役|ACジャパン