このほど、マイカーのカーオーディオ(カーステレオ)を交換しました。
これまでは前のユーザーが使っていた純正カーナビを使っていました。

ラジオ自体の感度は悪くなかったのですが、音が悪く、iPhoneを繋ぐための外部入力がなかったので(別の機器に取られていた)、FMトランスミッターでFM電波で受けるしかなかったのですが、携帯音楽プレーヤーが普及したことで、私と同じように携帯音楽プレーヤーを自動車で使うユーザーが多いようで、高速道路一般道ともに、FM電波が混信。イライラしての運転でした(苦笑)

デッキを交換することを決意しました。

カーナビのナビゲーション機能自体は問題なく高機能であったんですが、ディスクナビでシステム上、地図の更新が遅く、ナビの機能は使っていませんでした。
テレビチューナーも付いていましたが、地上アナログ放送オンリーだった為、今年の7月でテレビ放送が見られなくなるという代物でした。

今回交換するデッキはオーディオのみのデッキを選びました。
ナビ機能がついたデッキを選ばなかったのは、ナビ自体を使わない(頭に地図を叩き込んで運転するタイプ)な上に、それなりに高価(高機能に見合った価格であることは理解しているが)なので、今回は見送りました。ただオーディオ専用ですが、オプションでポータプルナビまたはモニターを追加で点けられるものにしました。

パイオニア「カロッツェリア」のDVH-P560にしました。
パイオニアDVH-P560箱


AM/FMラジオチューナーに、DVDビデオ、CDと外部接続としてUSB、iPhone/iPod、WMA、MP3が使えるものでした。
価格は取付費含め2万円台でした。
まあネット通販で買って、自分自身で取り付ければ安く済んだのでしょうが。・・・邪魔くさかった(汗)

取付後に、早速使ってみました。
パイオニアDVH-P560


(画像はABCラジオ1008KHzを受信したときに撮影。)

1DINタイプなので、操作性はイマイチでした。
ここは操作を慣れるのに大変だと思いました。

デッキ上でiPodのメニュー操作ができるようですが、細かい曲目指定はポータブルナビかモニターが付いていないとアカンようです。

まあそのへんはiPod側で操作すればええんで。
デッキまたはiPodのどちらかで操作するかを選択できるようになっていました。

iPod/iPhoneで普段使っているUSB接続ケーブルで接続すると、デッキ側が勝手にiPodと認識し、iPhoneに入っているiPodの音楽リソースを再生してくれます。

音質は流石パイオニア(笑)
いろんな音楽を試しましたが、クラシックもピアノもクリアに聞こえました。

AMラジオの感度はまあまあでした。

ただiPhoneだとiPhoneでRadiko経由でAMラジオ放送を受信し、それを聴くことができるので、普通にAMラジオを受信するより、はるかに綺麗な音質で愉しめます。AMラジオは夜間や送信所から距離が遠くなると雑音や混信が入るのですが、Radikoは関係ないので。

ナビ取付は見合わせましたが、使ってみて、必要ならまた検討しようかと。
#マップ自体はiPhoneのマップ機能を使う手もあるけども(笑)

リンク:carrozzeria | DVH-P560 | カーオーディオ@パイオニア

以下、Amazonにリンクしています。
パイオニア carrozzeria DVD-V/VCD/CD/USB/iPod/チューナー・WMA・MP3/AAC/DivXメインユニット DVH-P560
パイオニア carrozzeria DVD-V/VCD/CD/USB/iPod/チューナー・WMA・MP3/AAC/DivXメインユニット DVH-P560
クチコミを見る