「阪急百貨店梅田本店」の2012年春の全面開業が遅れるとの報道。

第二期工事区域の地下にある過去の建造物の設計図が保存されてくなく、構造が不明なのらしい。

戦前に建てられた建物なので、公にできない秘密の施設が設けられてたかもしれませんなあ〜(『てっぱん』中村玉緒の口調で)



以下、読売新聞より。
===
阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは21日、建て替え工事中の阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)について、2012年春の全面開業を断念する方針を固めたことを明らかにした。
工事区域の地下に過去の建造物がある影響で工事が難航し、予定通りに完了しないことが確定的になったためだ。H2Oは建設業者と工事スケジュールの見直しを進めており、12年度中の全面開業を目指している。開業が1年程度ずれ込む可能性もあり、大阪市内で相次ぐ百貨店の開業・増床競争で出遅れるのは避けられない。
阪急梅田本店の建て替え工事は当初、11年春の全面開業を目指し、05年8月に着工した。旧梅田本店建設時の設計図が保存されておらず、地下の構造などが不明なことから、これまでにも2度、全面開業の延期を発表。2度目を発表した08年5月に、12年春の開業を表明していた。
===

リンク:阪急百貨店本店、全面開業先送り…1年遅れも@読売新聞