京都を代表する和菓子である「八ツ橋」には生地を焼かない「生八ツ橋」のほかに生地が焼いてあるのがあり、こないだ買ってみました。
生地が焼いてある八ツ橋@井筒八ッ橋
買ったのは「井筒八ッ橋」のもの。生八ツ橋のあの生地を堅めに焼かれてありました。肉桂(シナモン)がが薫る煎餅で、食べた後は、シナモンの香りが口の中に残るんですな。

それでなぜ、「八ツ橋」というのかというと、パッケージの裏側に書いてある能書きによると、箏曲八橋流(そうきょくやつはしりゅう)の創始者である「八橋検校(やつはしけんぎょう)」に由来するそうな。
江戸時代に京都で作曲の日々を送っていた検校さんは、日頃からものを大切にしていました。そのため、米びつに残るわずかな米をも貴いものと考え、残った米で堅焼煎餅をつくるよう教えたという。
検校が亡くなった後、彼の遺徳を偲び、琴の形に焼かれた堅焼き煎餅が、京都の茶店で人気を博したのが、今の八ツ橋の原点なんだそうです。

今のお菓子は柔らかい食感が好まれるようですが、堅いものが大好きなかたのは、この生じゃない八ツ橋煎餅がお勧めです

リンク:井筒八ッ橋本舗