GWで満場の京セラドーム大阪で、Bsとファイターズが対戦。
ファイターズ先発はダルビッシュ投手。
切れまくりの投球でBs打線は手も足も出ず。そんなダル投手からBsは、うんまいこと先制するもその後は加点できず。逆に終盤にファイターズに逆転されてしまう。

このままダル投手が白星を挙げるかと思った9回、電池切れしかけのダル投手を打ち込んだBsは同点においつく。値千金といってもいい。これで試合は延長戦に。

しかし迎えた10回表に、Bsは抑えの岸田投手が打ち込まれ、3失点。
茫然自失の岸田投手でした。

ヒーローインタビューは延長戦で適時打を放った中田翔選手。
彼は大振りになってないほうが恐いなあ。

◆5月3日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 3−6 ファイターズ

リンク:日刊スポーツ式テーブルスコア