10日火曜日は、長居陸上競技場(長居スタジアム)でのACL(アジアチャンピオンズリーグ)のセレッソ大阪×山東魯能(中国)戦へ。
ACL:C大阪×山東魯能雨の長居陸上競技場
今季初めてACL(アジアチャンピオンズリーグ)に出場したセレッソ。この試合で引き分け以上での決勝トーナメント進出が決まるということで、その瞬間を目撃すべく、万難を排して(笑)当日に臨みました。

雨が降っているのにもかかわらず。一万人近くも観客を集めました。
関西ではテレビでは殆ど広報されていないACL。よく集まったと思います。
長居全景-1長居全景-2長居全景-3


この日のセレッソのメンバーは次の通り。
山東の高さに対する為もあり、小松選手が先発起用。

  ピンパォン 小松
 乾      清武
 金ボギョン 中後
丸橋 上本 茂庭 高橋大
    金鎮鉉
(控え)
松井、藤本、尾亦、山口、酒本、倉田、永井

あくまで攻撃的に行きまっせ!てな面々。
で、試合開始したけど、立ち上がりは山東に押し込まれる。相変わらずの立ち上がりの悪さやったけど、その後はセレッソのペース。スピードで相手を圧倒しました。
とくに先発出場した小松選手が奮闘。相手の裏をつく飛び出しで攻撃を活性化しました。
相手DFの裏を突く小松塁


そんなセレッソを山東はファウルでしか止められないようで、本場の「カンフーサッカー」でファウルを連発。
カンフー蹴球-1カンフー蹴球-2


セレッソはセットプレーが多くなりました。

先制ゴールは前半39分。
右サイドからピンパォン選手がミドルシュートを放つも、相手GKが弾き、こぼれたボールを丸橋選手がシュートするも、またも相手GKが防いだのですが、そのこぼれ球をゴール前に詰めたピンパォン選手が頭で押し込みました。
PINPAO先制弾


ようやくの先制点。
これでピンパォン選手がACLは4ゴール目。J1リーグ戦でもどんどんゴール決めてね。

その後もチャンスはありましたが、前半は1−0でハーフタイム。
ハーフタイム


後半もセレッソペース。。
開始早々にセレッソが2点目。前掛かりになった山東からボールを奪いカウンター。
ピンパォン選手からのクロスに中央を張っていた小松選手が折り返すと、詰めた清武選手が押し込みました。
2点目は清武!


スタンドじゅう、「き!よ!きよったけ!」コール(笑)

その後もセレッソは攻撃の手を緩めませんでした。
後半28分には乾選手。ゴール前のこぼれ球を押し込んで3点目。
3点目は乾!



大勢が決した感じでクルピ監督は前線を交代。
小松選手はノーゴールだったけど、役目はちゃんと果たしていたと思います。

(後半29分)
  永井
 乾  倉田 清武
 金ボギョン 中後
丸橋 上本 茂庭 高橋大
    金鎮鉉
(控え)
松井、藤本、尾亦、山口、酒本

さらに後半34分には負傷した中後選手を山口選手に交替。

(後半34分)
  永井
 乾  倉田 清武
 金ボギョン 山口
丸橋 上本 茂庭 高橋大
    金鎮鉉
(控え)
松井、藤本、尾亦、山口、酒本

交替直後の後半36分には途中出場の倉田選手が中央を突破!相手DFを股抜きし、ゴール前へ。
倉田股抜き倉田中央突破


そして放った低いグランダーのシュートがそのゴールマウスに突き刺さり、4点目。
倉田4点目決めた!


前回対戦したときの倍のスコアとなりました。
4点決めた


後は、セレッソ選手が下手に怪我をしないか心配でした。
金ボギョン選手が相手の激しいファウルで倒れ、心配になりましたが、すぐに立ち上がりました。
丈夫な体やねんなと思いました。
しかし激しいタックルをみた茂庭選手が猛抗議し、イエローを頂戴。次の試合(決勝トーナメント1回戦)が出場できなくなりました。

結果、4−0で試合終了。
セレッソ大阪のクラブ至上初のアジア「16強」となりました。
ACL16強進出

拍手!拍手!-2


◆5月10日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 4−0 山東魯能(中国)
(前半1−0)
(後半3−0)

【得点者】ホドリゴ・ピンパォン、清武弘嗣、乾貴士、倉田秋(C大阪)

リンク:試合結果@セレッソ大阪公式サイト

G組は首位全北現代がアレマを6−0で破り、1位抜け。セレッソは2位。
セレッソの決勝トーナメント初戦(5月24日)は、E組の首位チームと相手ホームで対戦することになりました。おそらく「万博」かな?

リンク:アジアサッカー連盟公式サイト

試合後の場内インタビューは倉田選手。
倉田秋慣れてるなあ


とてもインタビュー慣れしていました。
ガンバで慣れてたからかな?

おまけ
「POCARI SWEAT」がAFCのスポンサーのため、会場内で売られている飲料の屋台に軒並み「POCARI」のサイン。ビール売り子さんの制服も「POCARI」が入ってました。
POCARISWAET


思わず「ポカリ売ってへんの?」と突っ込んでしまいました(笑)

そして知人が別メーカーのペットボトル飲料を持参したら、ラベルを剥がされたという。スポンサーに対する配慮は解るが、過剰やろ。
それをやるならスタジアムで売られているビールを空ける紙コップのデザインはこれ(↓)では、まずいだろう(笑)
キリン