15日の浦和レッズ×セレッソ大阪は、テレビ中継を録画で視聴。
試合はレッズに先制されるも、その後、清武選手のミドルシュートが決まり同点。
後半にはホームのレッズより、さんざんチャンスはあったが、活かせず。
結局ドローで、今季初勝利はまたもお預け。

ところで、10日のACL山東魯能(長居)戦で先発出場し、攻撃陣を活性化させた小松塁選手は、この試合はベンチスタート。後半40分過ぎからの出場。

山東戦で"結果"を出した布陣をどうして替えたか疑問。

◆5月15日 埼玉スタジアム2002

浦和 1−1 C大阪
(前半1−1)
(後半0−0)

【得点者】原口元気(浦和)清武弘嗣(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL