20日金曜日の阪和線車窓より。
阪和線の車窓から(笑)-2

以前、長居球技場が「キンチョウスタジアム」として、こけら落としする直前のスタジアムを阪和線車窓から拝んだことがあるのですが、スタジアムに観客がビシッと入った状況のを拝んだことがないので、再び阪和線に。

「鶴ヶ丘」駅ホームからスタジアムのビジョンが拝め、この日の対戦が「セレッソ大阪vs川崎フロンターレ」ということがわかる。

発車すぐ、キンスタのスタンドが目の前に。丁度キックオフ前の選手入場の最中。
阪和線の車窓から(笑)-1


手前のバックスタンドには様々な横断幕の裏が(笑)
阪和線の車窓から(笑)-3


以前、阪和線車窓に向けて

「おい電車に乗ってる場合やないやろ。
 電車降りて、ここでサッカー見ていかんかい」

旨の(笑)横断幕が吊ってあって、私のある知人がそれを見て驚いたそうですが、今回はそうした旨の横断幕は見掛けなかったです(笑)

阪和線車窓からメインスタンドの入りがハッキリわかります(苦笑)
阪和線の車窓から(笑)-4


テレビ中継車はビジョンの下に駐車してあるんですね。
スタジアムの隣はテニスコート(長居庭球場)と臨南寺の境内です。

阪和線乗客へのアピール度は、あの煌々としたカクテル光線とスタンドのピンクで十分あるんやないですか。
あとはチームが強くなって順位を上げないとね。

因みに試合がないときはメインスタンド上部の「KINCHO」ネオンが浮かび上がるようです。
#金鳥の夏、日本の夏(微笑)