きょう、セレッソの試合に行く途中、針中野の上新電機でiPad、iPod、iPhone対応というワンセグチューナーを購入。
買った商品はバッファローの「ちょいテレi」。上新では8000円を切ったぐらいの価格で売っていました。
ちょいテレi外装


これまでiPhoneでワンセグ放送を視聴する場合は、SoftBankが出しているチューナーがwi-fi回線経由でワンセグ放送を受信するという、すんごい受信できるエリアが限定されるという代物。外で使うことが専らワンセグのTPOがわかってへんなと思っていたら、昨年の暮れぐらいにこの商品が出たようで。
通常のワンセグ波を受信するというもの。

IPhoneとはDockコネクタで接続。
ちょいテレi


チューナーの電池は内蔵でMicroUSBケーブルを使っての充電。もしくはiPhoneのバッテリーを利用することもできるようで。
ちょいテレi充電中


iPhoneには、ちょいテレ専用のアプリをAppStoreよりダウンロード。
iPhone Apli


ダウンロード後、充電が終わったチューナーをiPhoneに接続すると、自動的にアプリが起動する。

アプリは初期設定が必要で、チャンネルの検出を自動、もしくは手動(地域選択)のどちらかを選択。

地域選択は大阪市内なら、近畿−大阪府−大阪の順で選択すると。アプリ側で固定のチャンネルリストを出してくれるが、大阪だと神戸の「サンテレビ」が入っていない。

#バッファローは関西の虎党のニーズを理解してないなあ(爆)

「サンテレビ」を入れたければ、自動検出もしくは手動で兵庫県−神戸を選べばいいけど、それだと今度は「テレビ大阪」が入らない(苦笑)

そして受信、テレビは縦、横にiPhoneの向きを変えると、画面の大きさも自動的に対応してくれる。
縦横


(画像は29日のプロ野球イーグルス×タイガース戦中継@読売テレビを受信したときのもの。)

画質はまずまずだが、チューナーの下部についているループアンテナの性能が影響しているのか?チューナーの感度がイマイチ。
私の自宅は大阪市内のマンションのそれなりに高い階なのだが、生駒山から届く在阪局の感度が時々悪くなる。
以前私が使っていたパナソニック製のワンセグケータイのほうが遙かによかった。まあ元々家電メーカーでテレビの電波受信でノウハウをたくさんもっているパナソニックと、パソコンサプライの延長線で商品を出しているバッファローで技術力の違いがあるのだろうけども(微笑)

まあ外で使ってはいないので、通勤途上のJRやキンチョウスタジアムでどれだけ入るかだろうね。

因みにバッテリーはフル充電で2時間半もつようで(満充電は2時間)


リンク:
ちょいテレi@バッファロー
【新製品レビュー】バッファローのiPhone用ワンセグ「ちょいテレi」を試す -AV Watch

以下、Amazonへリンクしています。

BUFFALO iPhone / iPod touch / iPad 用 ワンセグチューナー ちょいテレi DH-ONE/IP
BUFFALO iPhone / iPod touch / iPad 用 ワンセグチューナー ちょいテレi DH-ONE/IP
クチコミを見る


(2011.5.31 12:44追記)
星の数を減らしました。