4日土曜日は、広島・マツダスタジアムでのプロ野球交流戦、カープ×オリックス・バファローズ戦へ。
20110604広島×オリックス-020110604広島×オリックス-1
この週末は何も予定を入れてなくて、この土曜日が天気がよく、財布の中身も潤っていたので、広島行きを決定。
新幹線は前日に予約し、一路広島へ。

チケットは当日券で。現金決済のみ。

これまで2回マツダスタジアムに訪れていますが、2回とも上段席の内野自由席にて俯瞰で観戦したのですが、今回は1階の指定席にて。
一階指定席より-1一階指定席より-2


試合はカープ前田健太とBs西勇輝の両投手の先発で、投手戦になることを予想していました。
先発Member

テンポある試合になるかと。

先制はカープ。安打と2つの四球で無死満塁から内野ゴロ間と犠飛で2点を先取。カープが先制するのは11試合ぶりとのこと。西投手は2つの四球を与えるのは意外だった、プロ3年目で本格的に一軍で働いているのは今季からだろうから、これまでの奮闘から疲れているのか?と。
しかしBsが直後の3回に反撃。
この回先頭の7番大引啓次選手が中堅越えの二塁打で放った後、連続四球でこちらも無死満塁とした後、一番坂口智隆選手が左前へ2点適時打で同点。打ち方が技あり。
坂口2点適時打同点生還


ベテラン田口壮選手が安打で繋ぐ。
田口安打-1田口安打-2


さらに満塁の状況から、T-岡田選手が右前への2点適時打で勝ち越し。彼はフルスイングでの本塁打をウリにしているけど、軽打も巧い。
T-岡田2点適時打T-岡田2点適時打-2T-岡田2点適時打-3


味方打線の援護を受けた西投手はその後は安定した投球。
前田健太投手もBs打線を封じて、中盤はスコアにゼロが並びました。
前田健太


西投手は疲れが見えた6回に連打で走者を二人だすも、その後をキッチリを抑え、無失点で凌ぐと、直後の7回表に、これまた大引選手が右中間への三塁打。
7回大引三塁打

右のおっつけかたが巧かった。

西投手に替えての代打が北川博敏選手。
北川博敏


ベテランな彼が勝負強い一打。左中間への適時二塁打でBsが追加点。
北川駄目押し適時打北川駄目押し適時打-2祝福受ける北川

正田コーチにも


前田健太投手はここで降板。

その後、Bsは4人のリリーフ陣でカープ打線から得点を許さず、カープ戦連勝。先発西投手は5勝目。
一方のカープは前田投手を擁しても連敗を止められず、8連敗。


◆6月4日 広島・マツダスタジアム(広島市民球場)

カープ 2−5 オリックス・バファローズ

Bs 004 000 100|5
C 020 000 000|2


リンク:日刊スポーツテーブルスコア

おまけ
Bs西投手の打席を初めて見ました。
西勇輝投手の打席


結果は四球と三振。
彼のヒッティングテーマは「吉岡雄二」なんですな。
あのヒッティングテーマが聞こえてきたとき、懐かしかったが、誰のかがなかなか思い出せなかった。
3回表の好機では、しっかり四球を選んだことで、後ろの反撃に繋がったのは大きかったと思う。