とある個人ブログに、松山空港から大阪伊丹空港を結ぶANA全日空機に搭乗し、上空から地上の景色を撮られたものが載っていました。
伊丹〜松山間には小型機(プロペラ機)の運航が設定されていて、ジャンボ機より低空を往くので、景色を近くに愉しめるようだ。

四国上空を飛んできた飛行機は関空を横目に見ながら大阪南部を北東に北上。東大阪辺りで向きを北西に替え、大阪城公園から新大阪駅上空を飛び、そのまま伊丹空港の滑走路に滑り込む。

因みにそのブログの投稿者は、景色を愉しむなら進行方向左側の窓側を薦めていた。写真を観る限り、そう思う。

私は以前、福岡から伊丹行きを乗ったことがあるが、そのときは進行方向右側だったので、富田林やPLの塔などは拝めたんですが、名所を上から拝むなら、左側のほうがええと思います。