途中までNHK総合テレビの中継を視聴。
先発の金子千尋投手は1失点。相手先発の好投もあったが、打線が奮わず。
6回に李選手の犠飛で同点に追いついたが、勝ち越せず。1−1で迎えた延長10回裏に、岸田護投手がドラゴンズ小池選手から被弾。サヨナラ敗戦。

最後は黒星となったBsだが、交流戦で借金を一気に返済したのが凄かった。
あとはリーグ戦で3位以上に踏ん張れるか。

◆6月19日 ナゴヤドーム

ドラゴンズ 2−1 オリックス・バファローズ(延長10回)

リンク:日刊スポーツスコア速報