22日水曜日はキンチョウスタジアム(長居球技場)でのJ1リーグ戦、セレッソ大阪×名古屋グランパス戦へ。
C大阪×名古屋
朝からむんむん蒸し暑かった関西。仕事場からキンチョウスタジアムへ直行。
昼間から暑さが和らいだ中での観戦でした。
C大阪×名古屋(試合前)


メンバーは以下の通り。
出場選手


  ピンパォン 永井
金甫ギョン    倉田
マルチネス   中後
丸橋 藤本 茂庭 高橋大
    金鎮鉉
(控え)
松井、酒本、尾亦、高橋祐、乾、播戸、小松

乾選手に、高橋大輔選手の実弟の祐太郎選手がベンチ入りしました。

前半からセレッソのペースでありました。
ただ、グランパスの高くて厳しい壁を越えて相手ゴールにシュートを決めるのはなかなかでした。
惜しい闘莉王高し

ピッチ自体も水を多く含んでいて、試合中滑る選手が多々。流れるようなパスをよりフィジカル前面がちんこサッカーのほうが合うやろなと思いました。

そんな中、先制はグランパス。
セットプレーから最後は磯村選手に決められました。
彼はフリーだったんじゃないかな?
防がれへんかったかな?

このまま得点できないままかと思った前半終了間際に、ピンパォン選手のゴールで同点。パスがうまくながれて最後はピンパォン選手がPA右のかなり角度のキツイ位置からシュートを巧く決めました。
同点弾-1同点弾-2


しかし時間が経たない間に、グランパスの玉田選手に勝ち越しゴールを決められてしまいました。
ケネディ選手に2人ものDFが寄せて、彼を防いだのはいいけど、藤本選手がクリアしたボールがフリーだった玉田選手に渡ってしまいました。バランス悪すぎ。
直後失点


後半はさらなる得点を狙うべく前目の選手を交代。

(後半16分)
  ピンパォン 小松
    倉田
マルチネス   金甫ギョン
丸橋 藤本 茂庭 高橋大
    金鎮鉉
(控え)
松井、酒本、尾亦、高橋祐、播戸

フレッシュな乾選手は前目でかき回してくれてはいたんですが、大きな得点機にはなりませんでした。
こちらが得点ならずに、逆に相手に失点を許しました。
後半26分、自陣PA内で藤本選手が相手の磯村選手を不用意に倒し(相手はファウル狙いぽかったが)、PKを献上。
蹴るのはケネディ選手。彼のシュートを金鎮鉉選手が弾き、PK失敗!
PK1回目は失敗

・・・と思いましたが、副審の判定は「アゲイン(やり直し)」。
金鎮鉉選手がフライングで動くのが早かったという判定なようでしたが、帰宅後ビデオを見返しても彼がフライングだったのはわかりませんでした。とても厳しい判定なように思いました(NHKのJリーグタイムは1回目のPKはカットしていた)。
そしてアゲインの2回目は成功。スコアは1−3。
PK2回目は成功


これ以降、鎮鉉選手は大きくモチベーションを落とし、キックの正確さを大きく落としていました。

後半終了間際に乾選手がゴールを決め、気を吐きました。
時既に遅し


追い付くことはできず、2−3と敗戦を喫してしました。

2試合連続の出場停止となった上本大海選手に替わって、この試合も藤本康太選手が先発出場しましたが、3失点のうちの2失点は彼のプレーが起因するものでした。まあ不運だったのもありましたが。

この平日ナイター2試合のキンチョウスタジアムでの審判のレフリングは、ホームのセレッソに有利であるものではなかったです。それもあってバックスタンドのファンからは激しい野次(ただ声の通りが悪いのでピッチ内まで声が届いていたかどうかはわからない。ただ喚いていたとしか聞こえてなかったかも)が飛んでいましたが、審判も人間ですので、誤審はつきもの。不利は判定が出たら、ただ野次ればええってものではないだろうて。
審判を味方につけるくらい強かさを身に付けてもらわんとと思いました。
試合後審判に詰め寄る選手達。監督もカンカン


◆6月22日 大阪・キンチョウスタジアム(長居球技場)

C大阪 2−3 名古屋
(前半1−2)
(後半1−1)

【得点者】磯村亮太、玉田圭司、ケネディ(PK)(名古屋)、ホドリゴピンパォン、乾貴士(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL