26日日曜日は万博記念競技場でのJ1リーグ戦、ガンバ大阪×サンフレッチェ広島戦へ。
G大阪×広島-1G大阪×広島-2

ガンバ×サンフレッチェ。ともに攻撃的チームなので、おそらく攻撃的な激しい試合になることを期待しての万博行き。
この日は「高槻市民デー」ということで多くの高槻市民が招待されていたようです。高槻市議へタダ券ばらまいている効果があったか?(笑)
当日券売ってましたが、試合開始前はかなり詰まった印象。でも観衆は16000人でした。

この日の大阪はとても蒸し暑かったのですが、午後6時ごろの千里万博公園界隈は暑さは多少和らいだかに感じました。

目当てはセレッソOBでもある佐藤寿人選手でした。
佐藤寿人


出場選手は以下の通り。
出場選手


ガンバって「アドリアーノ」がいなくなっても大して攻撃力が落ちてないのが。
仮に宇佐美選手がいなくなっても一緒でしょうな。ここは「やっと」さえいれば彼の中心にメンバーが組めるかどうかやろし(笑)

試合は予想通り攻撃的になるかと思いましたが、いきなりガンバが先制。
開始3分に遠藤保仁選手のFKにDFの中澤聡太選手が合わせて先制。
中澤聡太


前回広島ビッグアーチでの対戦時にはサンフレッチェに早々に先制されたので、そのお返しとばかり。

ガンバは30分過ぎに遠藤保仁選手がゴールを決め2点目。
彼はFKは巧いのは知っていますが、普通のシュートもうまいですな。ボディコントロールが素晴らしい。
2点目は遠藤-12点目は遠藤-2


ガンバが2点先取したけど、ボールのポゼッションはサンフレッチェのほうが高かったと思う。
しかしゴールはなかなかだったけども、前半終了間際に森崎浩司選手が(カウンターからだったかな?)反撃となるゴールを決めました。
森崎浩司反撃弾


前半は、ガンバリードの2−1で折り返し。

後半もサンフレッチェのほうがポゼッションが高かったのですが、なかなかゴールを奪えずでした。前日のセレッソにみたいに、あまりサイドをえぐらないのですね。

サンフレッチェがゴールを決めきれずにいると、ガンバはカウンターから最後は平井将生選手に渡り、サンフレッチェゴールへ押し込みました。
前日の新潟の試合を観ている所為もあって、簡単にゴールって決まるもんやな、と思いました(汗)

後半29分にはサンフレッチェの中島浩司選手が反撃の2点目。スコアは3−2。
中島浩司-1中島浩司-2


しかしガンバは、この2点を奪い、駄目押し。サンフレッチェは1点を返しましたが、結果は5−3でガンバが勝ちました。
最終的には凄い大味なゲーム。この試合の得点者に本職FWでない選手がどれだけ絡んでいたか? 両軍ともに攻撃が大好きであることが非常によくわかりました(笑)
因みに宇佐美選手はノーゴールでした。

◆6月26日 万博記念競技場

G大阪 5−3 広島
(前半2−1)
(後半3−2)

【得点者】中澤聡太、遠藤保仁、平井将生、佐々木勇人、高木和道(G大阪)森崎浩司、中島浩司、ムジリ(広島)

リンク:試合結果@J's GOAL

おまけ
サンフレッチェの2ndジャージが昨年まで違うので、サンフレッチェサポーターの知人に確認したところ。配色は「宮島(厳島神社)の鳥居の色」に由来するようです。

Nikeのセンスなんですなあ。

リンク:サンフレッチェ広島 2011年 新ユニフォーム発表 @nike.com