セレッソ大阪ホームゲームのスタジアムDJの西川大介さんが、13日のジュビロ戦で、DJを担当して10周年を迎えたそうです。
セレッソのスタジアムDJはこれまで久保田コージさん、オカケンさん、山下真妃さんが担当していましたが、彼が一番長いのですね。
サポーターからの信頼も厚く、13日のジュビロ戦ではサポーター席からは彼のDJ担当の10周年を祝福する横断幕が揚がっていたようです(私は未確認)

サッカーに関しての知識が豊富ですし、何よりスタジアムでのアナウンス技術が確かです。
屋根付きの長居スタジアム(長居陸上競技場)で彼が担当したときと、他競技(陸上やアメフト)開催時に別のアナウンサーが担当したときで、声の通りが違って、彼以外の時は聴き取りづらいと思うほどです。
同じ大阪をホームにもつ某クラブの某DJさんは喧しいだけとしか聞こえないのですが、それは声質の問題だけですかね?

因みに彼の所属事務所の社長は片山光男さん。
JRや阪急電車の駅の自動放送でも片山さんの声を耳にしますが、片山さんといえば、かつてのラジオ大阪「近鉄バファローズナイター」のパーソナリティ。
桂都丸さん(現桂塩鯛さん)との丁々発止が楽しかったです。

リンク:
スタジアムDJ10周年@喫茶☆西川
SAY PRODUCTION(西川さんの所属事務所のページ)