大阪市生野区の在日韓国人の女性が無免許で「マッコリ」を醸造したとして、大阪国税局から追徴課税を受けたほか、国税罰則取締法に基づいて、酒税法が定める罰金の相当額を納めるように通告されたという。

女性がつくる「マッコリ」は手作りで、地元生野の一部の店で評判だったようです。

なんで国税の査察が入ったか想像すると、価格だったか?

ちなみにアルコール1%以上の飲料を製造(醸造)するには売る売らないに関わらず許可が必要なようです。自分自身が呑む為に醸造しても同様。まあ要は酒税をしっかり徴収したいからでしょう。

女性は麹(こうじ)もマッコリを入れる容器も国税局に没収され、もう造れないと嘆いていたようですが、いや、ちゃんと届け出て納税すればエエ話なんで(微笑)

リンク:
韓国酒マッコリ無免許「密造」で主婦に罰金80万円@読売新聞
自家醸造のページ
【自家醸造】|お酒についてのQ&A|国税庁

【ケース】JINRO(眞露) マッコリ1000ml×15本
【ケース】JINRO(眞露) マッコリ1000ml×15本
クチコミを見る
珠玉のマッコリ 徹底ガイド (シンコー・ミュージックMOOK)
珠玉のマッコリ 徹底ガイド (シンコー・ミュージックMOOK)
クチコミを見る