JR大阪駅桜橋口にあった「ハイウェイバスのりば」が中央北口に移転。
「大阪駅JR高速バスターミナル」と名付けられました。
大阪駅JR高速バスターミナル

JR大阪駅中央口改札前から中央北口へ。
ノースゲートビルが建つ前の旧・北ビルがあった当時、向かいの「梅田貨物駅」と隔てた道路だった位置に、バスの乗降場が出来ていました。
大阪駅JR高速バスターミナル-2大阪駅JR高速バスターミナル-3

ノースゲートビルが道路を越して建設されたものの、元の位置に道路が復活したので、そのまま一般道路として供用するのかと思ったら、そうではなく、バスの乗降場としたのですね。

JRによると、桜橋口の乗り場が手狭になったので、中央北口に移転したとのこと。
ここなら阪神高速の梅田ランプが近いし、東京方面なら新御堂筋へ出るので、こちらのほうが都合がよろしいな。以前の桜橋口発着の際も中央北口前の道路を経て新御堂筋へ出ていましたし。

バスターミナルは高速バスのほか、御堂筋北口にあった路線バス(市バスの一部と阪急バス)の乗り場も移されたようです。

なお大阪駅御堂筋口の市バス乗り場は、そのまま残されています。

リンク:
・大阪駅高速バスターミナルの移転について@JR西日本(リンク切れ)
大阪駅JR高速バスターミナル完全ガイド! アクセス・コンビニ・コインロッカー・暇つぶしスポット情報を徹底解説 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]



(2019.5.6 1:19追記)
リンク記事を追加しました。