6日に開幕した第93回全国高校野球選手権は13日に「第8日」2回戦4試合が開催。
第二試合の帝京×八幡商戦は、高校野球の怖さが出ました。
9回帝京が2点リードで迎えたのですが、八幡商は連打で塁を貯めた後、6番の遠藤選手が右翼ポール際へ逆転満塁弾。右打ちな彼がアゲインストとなる甲子園の右翼方向を本塁打を入れたのは大したもの。試合をひっくり返してしまいました。
第四試合は東大阪大柏原が登場しましたが、延長戦の末、如水館に敗退。高校通算55本塁打の石川選手は1安打と不発でした。彼らは今回初出場でしたし健闘したと思います。

◆8月13日 阪神甲子園球場

第一試合 習志野(千葉)9−3 明徳義塾(高知)
第二試合 帝京(東東京)3−5 八幡商(滋賀)
第三試合 作新学院(栃木)3−2 唐津商(佐賀)
第四試合 如水館(広島)7−4 東大阪大柏原(大阪)