「なんばパークスシネマ」の初回上映で観賞。
大鹿村騒動記namba parks cinema

長野県大鹿村に現存する村歌舞伎「大鹿歌舞伎」を題材にした人情喜劇。

90分の尺は最後までだれず。原田芳雄、岸部一徳、石橋蓮司(敬称略)の出演者みなさん藝達者で最後まで愉しめました。
作品には細かいくすぐりはいっぱい入ってて、客席から笑い声を誘っていました。
映画作品によってはコメディでも上映環境によって、笑い声が聞こえることがないのが多いのですが、この上映ではオモロイところは声出して笑うかたが多かったです。
笑い声が多いと、スクリーンの向こう側と客席が一体になった感じがして。映画館でコメディを見るのが快感になりました(笑)

コメディだけでなく劇中劇である「大鹿歌舞伎」の演者と客との距離の近さ。みなさん大鹿歌舞伎を愉しみにされているのだなというのがよく伝わりました。

演劇の、芸能の本質がよく現れている作品だと思いました。
これから公開される劇場もありますが、日本全国の多くのかたに見てもらって、元気になってほしいと思いました。

この作品は、ラストテーマの忌野清志郎さんが唄っていますが、それもよかったです。

この作品の企画原案が先日亡くなった主演の原田芳雄さんで、企画を自ら持ち寄り、旧知の阪本順治監督がメガホンをとることになったようで。最後まで体を張った演技でこの作品への意気込みを感じました。
改めてご冥福をお祈り致します。

リンク:
映画『大鹿村騒動記』公式サイト
『大鹿村騒動記』松たか子 単独インタビュー@シネマトゥディ
大鹿村::大鹿歌舞伎(長野県大鹿村ホームページ)
大鹿歌舞伎・片桐登インタビュー(上)



実際の「大鹿歌舞伎」公演の模様です。『大鹿村騒動記』に出演した原田芳雄さんと岸部一徳さんが観賞されたようです。