第93回全国高校野球選手権は18日、準々決勝の2試合が行われ、ベスト4が決まりました。
◆8月18日 阪神甲子園球場

第一試合 智弁学園(奈良)6−7 作新学院(栃木)
第二試合 日大三(西東京)5−0 習志野(千葉)

第一試合はシーソーゲームだったが、9回表に1点ビハインドの作新が2点を挙げ、逆転。準決勝進出を決めました。
関東勢対決の第二試合は日大三が習志野を4安打完封。日大三の吉永健太朗投手は此処まで4試合全て登板。
この習志野の敗戦で公立高校は全て敗退。