第91回天皇杯の大阪府代表を決める第16回大阪サッカー選手権大会の決勝(阪南大学vs桃山学院大学)が28日、キンチョウスタジアム(長居球技場)で行われました。
試合は前半から阪南大のペース。
スピーディーなパス回しで、桃山学院大のゴールを脅かしました。そして前半に2点、後半に1点を挙げ、桃山学院大を突き放しました。
阪南大の9番村山選手と11番泉澤選手のパス交換は見てて楽しかったです。

両軍ともJリーグのユースチーム出身が多いのですね。

結果、阪南大が大阪府代表として第91天皇杯出場を決めました。
阪南大は第91回天皇杯1回戦は9月4日(日)に高槻・萩谷で滋賀県代表「SAGAWA SHIGA」と対戦。勝った方が2回戦でガンバ大阪と対戦するそうです。

◆8月28日 大阪・キンチョウスタジアム(長居球技場)

阪南大 2−1 桃山学院大
(前半2−0)
(後半1−0)

リンク:大阪府サッカー協会