QBKとは、2006年のサッカーW杯ドイツ大会の日本×クロアチア戦で、決定的などフリーなシュートを外した柳沢敦(やなぎさわ・あつし)選手のコメント。「急にボールが来たので」を略したスラング。
現在ベガルタ仙台に属する柳沢選手は、20日のグランパス戦(瑞穂陸上)でまたも決定的瞬間を外したという。私は知らなくて、サッカーファンの知人から話を聞きました。

決定的瞬間はその試合では2回あったようですが、2回とも外しました。
2回目のほうは、相手GKが前に出てきたのを躱した後、放ったシュートは無人のゴールの枠外に消えていいきました。

因みにその試合はベガルタが勝利したからいいようなものの、もし敗戦していたら、彼が仙台の地に戻ることはできたかどうかは定かではありません。



柳沢敦 DVDバイオグラフィー Aの肖像
柳沢敦 DVDバイオグラフィー Aの肖像
クチコミを見る


俺のシュートを受けてみろ!―若きストライカーの自画像
クチコミを見る