なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)のロンドン五輪アジア最終予選の日本×北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)戦があった。
日本はこの試合に勝利すれば、ロンドン五輪出場決定。
試合は日本は後半38分、フリーの永里優季選手がダイレクト。北朝鮮GKが弾くもそれが北朝鮮DFにあたり、そのまま北朝鮮ゴールマウスへ。後半残り時間少ない中でようやくの先制でしたが、後半ロスタイム、日本は北朝鮮にクリアミスを拾われ、最後はキム・チョラン選手に痛恨の同点ゴール。
土壇場の同点劇でどのままドロー。

ロンドン五輪行き切符はこの時点ではお預けでした。

しかし、その後の中国×豪州戦で豪州が勝ったため、首位の日本は残る1戦(中国戦)を残し、2位以上を確定。ロンドン五輪出場を決めました。

◆9月8日(現地時間) 中国・済南

日本 1−1 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)
(前半0−0)
(後半1−1)

【得点者】オウンゴール(日本)キム・チョラン(北朝鮮)

中国 0−1 豪州