「京都新聞」で毎週金曜日に発行されている別刷りのテレビ番組表「週刊トマト&テレビ京都」の9月2日付に巻頭カラーで落語の特集が掲載されていました。
20110902京都新聞落語特集-1

巻頭カラーに登場しているのは笑福亭円笑さん。

内容としては、京都・滋賀で落語が聞けるスポットの紹介。
20110902京都新聞落語特集-2


京都在住の桂米二さん関連では「神宮道上がる下がる寄席」と「かねよ寄席」が紹介されていました。
20110902京都新聞落語特集-3


「かねよ寄席」は京都・新京極にある鰻店「京極かねよ」で月一で開いている寄席で、3師の落語に「うなぎ丼」がついて1600円というとてもお得な値段設定で。毎回満席。プラチナチケット状態です。
これを某出演者さんは、落語の値段はタダのようなもの旨のことをいっていましたが、おそらくお店のかたもかなり勉強されているのかと(微笑)

ここのは「きんし丼」が旨そうなんですが。

リンク:京極かねよ

他には上方落語の舞台として登場する京都・滋賀のスポットの紹介。
20110902京都新聞落語特集-4


紹介されたのは、
祇園『大丸屋騒動
蛸薬師堂『こぶ弁慶
鞍馬『天狗裁き
矢橋帰帆島公園『矢橋船

でした。

私が京が舞台の噺として挙げるなら『愛宕山』と『はてなの茶碗』かな。
どちらも京と大阪の人間の対比が噺の中に出てきておもろいのですが。