24日付の「日本経済新聞」スポーツ面に、ラグビーワールドカップ(W杯)で3連敗を喫したジャパン(ラグビー日本代表)へ、日本A代表監督の薫田真広氏、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督の平尾誠二氏が苦言と提言をしていました。
【日経】ラクビーW杯日本3連敗、課題は
トンガ戦の自滅に近い内容は非常に残念だった。
ただフランス戦で見せた通り、相手に臆することなく激しいプレーで2つのトライを止めたのは、トップリーグの創設により、外国人選手を多くリーグに呼び込んだことが大きいと思う。
最後のカナダ戦はジャパンの意地を見せてほしい。