トルコ・イスタンブールでのF1第4戦。
結果、セバスチャン・ベッテル選手が今季3勝目。
特筆だったのは予選で最後尾(24番手)発走の小林可夢偉選手。
彼でハード、ソフトの2種類のタイヤを効果的に選んでました。
スタートはハードタイヤで早々に下位グループを抜き去り、18位に順位を挙げると、ソフトタイヤに替えて以降も攻める攻める。最終的には10位で完走は見事でした。