NHK BSでの中継をビデオで観ました。
NHKの中継はJリーグクラブに挑む大学生チームの主観で進みました。
前半は必死にくる大学生相手にあわやというシーンがありました。この日のGKは播戸ブログ”レギュラー”(笑)の松井謙弥選手でしたが、彼も試合慣れしてないせいもあり。

前半の2得点は岩見沢のGKのミスによるもの。
後半も途中までは善戦していた岩見沢でしたが、終盤はセレッソに地力の差を見せつけられたって内容でした。健闘した岩見沢のイレブンは試合後、メイン、セレッソ側ゴール裏、バックと周り、挨拶に回っておりました。

セレッソはマルチネス選手は復帰。パス精度は大したものでしたが、完全復活にはまだまだといった印象。次のヴァンフォーレ戦(10月15日13時K.O.@金鳥スタ)も厳しい試合になるだろうな。

この勝利でセレッソは3回戦は11月16日(水)に「ファジアーノ岡山」と対戦。会場は同じく「キンチョウスタジアム」。
来年のACLにも出場してほしいので、ぜひヤンマー時代以来の天皇杯制覇を果たしてほしい。

◆10月12日 大阪・キンチョウスタジアム(長居球技場)

C大阪 6−0 北海道教育大岩見沢
(前半2−0)
(後半4−0)

【得点者】オウンゴール、ファビオ・ロペス2、杉本健勇、小松塁、大竹洋平(C大阪)