外出していたので、カーナビのワンセグでNHKの実況中継を”拝聴”。
ここ2試合で6失点のセレッソは守備の安定が課題。
そこでクルピ監督はボランチを3枚に。そして前線は2トップを選択。

   播戸 杉本
    清武
倉田 マルチネス 金甫ギョン
尾亦 上本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
松井、中後、藤本、大竹、ファビオロペス、村田、永井

前半は「セレッソは1トップ」と踏んでいたレイソルが2トップへの対応に苦慮したようだったが、得点はならなかった。守備のほうは、優勝が眼前になったレイソルが堅くなって、積極的な攻めが見られなかった。
前半は0−0で折り返し。

後半は1トップに。

    杉本
 清武   ファビオロペス
倉田 マルチネス 金甫ギョン 
尾亦 上本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
松井、中後、藤本、大竹、村田、永井

後半、早々に先制。
セットプレーから上本大海選手が決めた。
#ゴールが決まった瞬間は運転中だったので、拍手することができなかったが。

この後はレイソルペース。カウンターの雨霰だったが、GK金鎮鉉選手のスーパーセーブで事なきを得る。
しかし後半20分にレアンドロ・ドミンゲス選手に同点ゴール。そのシーンを帰宅後にビデオで視たが、GKは弾きようもない。あのシュートに行くまでにつぶせてなかったか悔やまれる。

その後、足が攣った尾亦弘友希選手に代わり、藤本康太選手が左SBに。
きっちり代役を果たしたようだ。

(後半30分過ぎくらい)
    ファビオロペス
 清武   村田
倉田 マルチネス 金甫ギョン 
藤本 上本 茂庭 酒本
    金鎮鉉
(控え)
松井、中後、大竹、永井

最後はレイソルもペースダウンし、試合終了。
柏×C大阪-1柏×C大阪-2

(上記画像は停車中に撮影。)

完全アウェイ(現場のヤジがNHK中継の集音マイクを通じて良く聞こえました)の中よく引き分けたと思う。試合後静寂の会場の中、「セレッソ大阪」コールが中継を通じて聞こえました。
あの中での応援ごくろうさまでした。

レイソルは最終節は(現時点で残留が決まっていない)浦和レッズと埼玉スタジアムで対戦。
対照的な両軍の対戦になりますな。

◆11月26日 日立柏サッカー場

柏 1−1 C大阪
(前半0−0)
(後半1−1)

【得点者】上本大海(C大阪)レアンドロ・ドミンゲス(柏)

リンク:試合結果@J's GOAL