30日付の「日本経済新聞・夕刊」によると、Jリーグの「京都サンガF.C.」の新スタジアム建設を巡り、京都市は伏見区・横大路(よこおおじ)地区の市有地を無償提供する方針を固めたという。
20111130日経夕刊

サンガの新スタジアム建設用地について、京都府は候補地を府下の市町から公募しており、京都市は近く府の同市市有地を申請するという。

日経の記事には地名以外に具体的な場所は書かれてなかったが、伏見区横大路というと、横大路運動公園があるので、そこを無償提供されるのかと思われる。

大きな地図で見る

複数の市町が候補に挙がっているそうだが、観戦する立場からすれば、京都市内(しかも大阪寄り)というのは大きい。

ただ、伏見区横大路近くは京阪電車(中書島と淀の間)が走っていますが、この地区には駅がないので、新スタジアムを建設するとなったら、新駅を設けてもらわないと困ります。
因み京阪淀駅からは1km以上あるようです。

クルマだと国道1号線(京阪国道)や第二京阪が最寄りになりますが、近くの「京都競馬場」での競馬開催と重なったら、渋滞必至でしょうな。