25日金曜日は「天満天神繁昌亭」での「天神寄席」へ。
天満天神繁昌亭-1天満天神繁昌亭-2

繁昌亭にいくのは約1年ぶり。
「天神寄席」は毎月25日に行われている夜席で、今月は「西向く侍特集」。

「西向く侍」とは小の月の二、四、六、九、十一(漢数字の十一を縦に書くと士(サムライ))のことだったと思います。

仕事が片付かなかったので、途中からの入場。
繁昌亭では落語の途中では観客席への入場を止められます。
当日券(JAF優待で500円引き)で入場。

1階席の後ろのほうで観賞。
繁昌亭は週末の昼席は完売でしたが、平日夜席は余裕あるようになったんですね。落語人気が下火(?)
演目は以下の通り。

煮売屋』笑福亭呂竹
尿瓶(しびん)の花活』笑福亭生喬
佐々木裁き』月亭八天
『さわやか侍』桂小春団治
(仲入り)
井戸の茶碗』笑福亭竹林
宿屋仇』林家染丸

八天さんは『佐々木裁き』。八天さんは新作も演ることがあるけど、古典のほうが巧い。

小春団治さんは自作の『さわやか侍』。時代劇のパロディ。空気読めないアホな若殿でした。

竹林さんは『井戸の茶碗』。客席から発する小さな音が気になり、竹林さんの好演に集中できず。

染丸さんは『宿屋仇』。米朝一門で聴いたのと微妙に演出が違ったなあ。はなしか芝居で演ってもおもろいやろうなと思う。

みなさんマクラはそこそこに噺に入られました。
いろんなエピソードを聴きたかったんですが。

リンク:天満天神繁昌亭