テレビ大阪で毎週金曜深夜に放送されている「きらきらアフロ」ですが、最近つまらなくなった印象。
なぜつまらなくなったのかを考えたのですが、出演者のトークの質が大きく変化した訳でないので、考えられる点は番組の収録が大阪から東京に変わったこと。番組の制作担当がテレビ大阪から別の制作会社に変わったことが挙げられるかと思います。

この番組は毎回公開収録なので、ライヴと同じ。観客の質が大きく左右するかと思います。
東京の観客は大阪と違って大人しめで、笑いの弾けかたが小さいように思いました。日頃落語観賞で十分感じていることでありますが、笑いは観客の質がとても重要なんやと改めて思いました。

あと編集自体が制作担当(制作局自体はテレビ大阪のまま)が変わったので、仕上がりかたに大きな変化があったことも大きいかと思います。

東京収録になったのは、出演者のひとりである松嶋尚美(なほみ)さんの妊娠中の措置かと思いますが、彼女は同じ大阪局制作の「知っとこ」@MBS毎日放送には出演しているんでね。

収録と編集を元のテレビ大阪に戻せば、面白さも戻ってくるかもと思います。

リンク:きらきらアフロ@テレビ大阪