連続テレビ小説『カーネーション』第11週を見ました。
以下、ネタバレ。
カーネーション第11週

今週はお父さん(善作)が亡くなりました。

あないに元気なお父さんが、実際、ヒロインのモデルである小篠綾子さんのお父さんも、60歳にもならずに亡くなっているのですな。ドラマでは大やけどを負い、それが原因で体力的に消耗・・・ということにしていましたが。
お父さん大やけど

この善作を小林薫さんが演じましたが、嵌っていました。小林さんから「岸和田のおやっさん」をイメージできてなかったんですが、見事な助演だったと思う。
旅立ち


今週は大工方の泰蔵兄ちゃんが出征。岸和田の街から男がいなくなりますな。
須賀貴匡

泰蔵を演じた須賀貴匡(すが・たかまさ)氏は、知人に寄ると、仮面ライダーに出ていたようですな。
確か民放ドラマでホストクラブの兄ちゃんの役をやっていたと思いますが、今回のだんじりの大工方が精悍で非常に似合っていました。

コハラ洋装店の隣りの木岡履物店の奥さん(木岡美代)が、大阪のおばちゃんとしてきっちり描かれていて、声やしゃべりかたが非常に大阪のおばちゃんでね。演じている女優さんは知らんかたやったんですが「飯島順子」という女優さんなようです。
安岡履物店の奥さん飯島順子


『カーネーション』は年明けから戦後編になるようですが、キャスト(とくに男性)はごろっと変わるようで。
まあモデルの小篠さんが92歳まで生きてはったんで。結局は尾野さん以外のキャストは尾野さんが出始めたときと較べて総取っ替えとなるんでしょうが。

リンク:
連続テレビ小説「カーネーション」@NHK
ヒロイン・尾野真千子さんと小林薫さん対談(前編)(NHK「カーネーション」サイト内)