セレッソ大阪FW小松塁選手の「川崎フロンターレ」への移籍が発表されました。
長身な選手ながら、ヘディングよりは足元へのボールさばきのほうが巧い選手。

レヴィー・クルピ監督は熱心に彼を起用していた。彼の潜在的な高い能力に注目してたんだろうけど。
少々シャイなところがマイナスに作用したのかと思う。

古橋達弥選手とのコンビがイチバン合っていたように思う。彼とのコンビで2桁の得点をJ2リーグながら、得点挙げてました。

フロンターレではジョーカー的役割になるだろう。
彼は長身ですが、セットプレーでは高いボールに見せかけて、足元へ配球して下さい(微笑)

リンク:小松 塁選手 川崎フロンターレへ完全移籍のお知らせ@セレッソ大阪公式サイト