24日土曜日は、長居陸上競技場(長居スタジアム)でのサッカー天皇杯準々決勝、セレッソ大阪×清水エスパルス戦へ。
C大阪×清水天皇杯準々決勝

試合前は晴れた大阪。寒風吹き冬型気候。
天皇杯準々決勝-2天皇杯準々決勝-3

長居陸上でサッカーを見るときは、バックスタンド中央を陣取るけど、今回はSA席(バックスタンドのゴール寄りのゾーン指定席)をチーム券で確保。
入場券

中央はS指定席になってた。一人で見るならともかく、集団で見るときは席決まってたら、まとめてチケット確保しないととなる。
国立ならともかく大阪長居はS指定もゾーン指定でええねんて。

メンバーは扇原選手と茂庭選手が欠場。苦しい布陣。

    杉本
 清武 倉田 村田
 金甫ギョン 山口
丸橋 上本 藤本 酒本
    金鎮鉉
(控え)
松井、金聖基、中後、大竹、黒木、播戸、小松

試合は開始早々、金甫ギョン選手の豪快なミドルが決まり、セレッソが先制。
しかし、守備陣がPKをとられ、小野伸二選手に決められ、同点。

その後はセレッソ、得点を奪うチャンスあり、シュートの雨霰で降らせましたが、いずれもPK正面、または枠外。それでは点が入りまへんがな。

守備も不安があったが、上本選手や藤本選手が確認しながら守りきったが、攻撃陣が決めきれず、試合は延長戦へ。

延長戦は、先にセレッソが先制。
清武弘嗣がドリブルでエスパルスの守備を突破すると、そのままシュート。
豪快な勝ち越し弾でした。スタンドじゅう「キ!ヨ!キヨタケ!」ポーズ。
清武勝ち越し弾-1清武勝ち越し弾-2


ただこれで終わればよかったのですが、エスパルスFW高木俊幸選手(元プロ野球高木豊氏の子息)に同点ゴールを決められてしまいました。
高木同点弾


その後、村田選手に替えて播戸選手が投入されましたが、得点は挙げられず。2試合連続のPK戦へ。
前後半終了PK戦


PK戦では金鎮鉉選手の読みがあたり、先頭2人をギリギリに逃していました。
これがエスパルスにプレッシャーなればと思っていたら、後攻エスパルスの4人目が外しました。
清水四人目外す清水四人目外す-2


次のセレッソ5人目は播戸選手。
播戸も失敗-1

これを決めたら、PK戦勝利となるのですが。
決めてくれるかと思ったら外し、サドンデスに。
播戸も外す-2播戸も外す-3

先攻のセレッソは先に決め、エスパルスにプレッシャーをかけると。

エスパルス7人目の山本海人選手のシュートはバーを直撃。試合終了。
清水7人目失敗清水7人目失敗-2セレッソPK戦勝利


セレッソが2試合連続でPK戦を制し、準決勝に駒を進めました。

◆12月24日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 2−2 清水
(前半1−1)
(後半0−0)
(延前1−1)
(延後0−0)

【得点者】金甫ギョン、清武弘嗣(C大阪)小野伸二、高木俊幸(清水)

PK戦

C大 6|○○○○×○○
清水 5|○○○×○○×


次の準決勝は、長居開催ながら、セレッソはメインから見て右側を陣取るそうです。
チケット買われる際は、ご注意を。

リンク:試合結果@セレッソ大阪公式サイト