毎年元日付新聞には分厚い別刷りが挟まれています。
その殆どは読むことをすべて読むことはなかなか大変なんですが。

その別刷りには大抵、正月3ヶ日のラジオ・テレビ番組表だけの別刷りがあり、俳優さんへのインタビューが掲載されています。

今年の「朝日新聞」を見ると、以下のかたが登場していました。

満島ひかりさんは、NHKのBSプレミアムで出演する新番組が始まったようです。
満島ひかり

笑福亭仁鶴師が担当する「生活笑百科」は25年を超えるんですな。
笑福亭仁鶴

以下は、脇役を務める大杉漣、小日向文世、遠藤憲一、松重豊の4氏。
とくに小日向氏が演じるのは、様々な役柄が多いですな。
大杉漣、小日向文世、遠藤憲一、松重豊

倉本聰、仲代達矢対談。
「欠点が個性となる」は人間を描くことの本質なんでしょうな。
倉本聰、仲代達矢

あと、ラジオの特集もあって、在京各AMラジオ局でパーソナリティを務める各氏へのインタビューが掲載されていました。
大竹まこと、小島慶子、吉田照美、毒蝮三太夫


なお、紙面の最後には「詳しい内容は朝日新聞デジタルへ」てな記述がありました。
要は有料配信しているインターネット版への勧誘なんでしょうが、紙媒体で購読している読者はあえて、パソコン開いてまで購読するもんなんでしょうか?