正月休みにシネコンのレイトショーで観てきました。
以下、ネタバレ。
三谷幸喜監督の最新作は、コメディ仕立ての法廷もの。
『古畑任三郎』と同様に冒頭で犯人をばらすので、主人公が事件解決にどう導くかが一応ポイント。解決するかどうかより、それまでのストーリーの中にちりばめられた「笑い」が私の波長とあってて、最後まで愉しめました。

主人公の弁護士役には深津絵里さん。若手の女性弁護士の設定なのか。
実年齢はもうすぐ大台のはずだが(笑)
そして妙にかわいい。これまでの役ではとても「かわいい」なんて思わなかったのだが。
彼女自身が巧いからか。

これまでの三谷作品同様にオールスターキャストで、配役にぶれがない。
篠原涼子さんや深田恭子さんは、刑事役や不倫の女性よりは、この作品での役柄が一番合っていると思います。

そして芝居本編でも宣伝を兼ねたインタビューでも、三谷作品に出ることを愉しんでいるような出演者のみなさん。
とくに西田敏行氏と中井貴一氏は(笑)

ステキな金縛り@三谷幸喜監督作品


リンク:
映画『ステキな金縛り』公式サイト