J SPORTSの生中継をビデオで観ました。
試合は、後半にパナソニックワイルドナイツが3つのトライで東芝を突き放しました。
WTB北川智規選手が2トライを挙げたほか、CTBジャック・フーリー選手が自陣でのターンオーバーからボールが廻ってくると、周りを確認しながらフィールドの中央を疾走。東芝のゴールど真ん中にトライを決めました。

恐ろしい選手。
来季は神戸製鋼入りの彼ですが、問題はコーチ陣が彼を使い切れるかどうか?
フーリー-1フーリー-2



第二試合はサントリーがNECに勝ち、26日の決勝@秩父宮(14時K.O.)はサントリーとパナソニックの対戦となりました。

◆2月19日 東京・秩父宮ラグビー場

第一試合
パナソニック 37−25 東芝
第二試合
サントリー 56−8 NEC

NECはナドロ選手を後半から起用。
日本選手権目当ての選手起用なのか?
NECはカップ戦になると強いのだが。

この結果、25日の日本選手権1回戦の組み合わせは次の通り。

東京・駒沢陸上競技場
12:00 帝京大×六甲ファイティングブル
14:00 東芝×ヤマハ発動機
大阪・近鉄花園ラグビー場
12:00 天理大×キヤノン
14:00 神戸製鋼×NEC