外出していたので、ABCラジオの生中継を聴取。
試合は一時はパナソニックがリード。前半19分に13番ジャック・フーリー選手がトライ。彼はトップギアに入ってからの加速が速い。それでいて、きっちり周りを見えてて、機を見てパスを出せる素晴らしい選手。今の神戸には勿体ないくらい(爆)
この後はサントリーのペース。三洋いやパナソニックの防御の上を行く高い攻撃力で連続トライを挙げると、後半にも24にジョージ・スミス選手がパナソニック防御のミスをついて、自らトライを決め、試合を決定づけました。サントリーはレギュラーの2選手が負傷で戦列を離れていましたが、それに替わる選手がきっちり代役を果たしていました。チーム力の高さを感じました。

決定サントリーが前回決勝の雪辱を果たしました。サントリーのエディー・ジョーンズGM兼ヘッドコーチはジャパン(日本代表)ヘッドコーチ就任が決まっていて、格好の餞(はなむけ)になったと思います。

◆2月26日 東京・秩父宮ラグビー場

サントリー 47−28 パナソニック
(前半20−13)
(後半27−15)