4日日曜日は、京都南座での「秀山祭三月大歌舞伎」の夜の部公演へ。
南座正面秀山祭大歌舞伎@南座
昨年、人間国宝になった中村吉右衛門さんを拝みに南座へ。
南座正面-2

「秀山祭」の「秀山(しゅうざん)」とは、先代の初代中村吉右衛門の俳号で、当代の吉右衛門さんが何年か前より、毎年9月に東京で開かれている公演。今回東京以外で開くのは初めてのこと。
今回は同じ「播磨屋」の中村又五郎、中村歌昇さん父子の襲名披露も兼ねていて、南座の舞台には襲名を祝福する緞帳、ロビーには、花が飾られていました。
緞帳花

この回の演目は以下の通り。
「俊寛」
口上
「船弁慶」

まずは「俊寛」。
平安時代末期、平清盛が全盛の頃に、「鹿ヶ谷事件」により、京より遠くの、鬼界ヶ島に流された俊寛僧都を吉右衛門さんが人間臭く表現していました。
購入したプログラムを見ると、先代吉右衛門扮する俊寛のスチール写真が載っていましたが、流されて食うや食わずで、ガリガリに痩せこけた俊寛そのもんに扮されていました。そのスチール写真に圧倒されました。

第二幕は又五郎さん、歌昇さんの襲名口上。
今回で競演されている中村翫雀さん父子と、又五郎、歌昇さん父子とは父子ともに同世代なんですな。
などのエピソードが紹介されていましたが、コメントは皆さん真面目でした。
この口上に片岡愛之助さんも参加。上方家である松嶋屋を代表しての、口上ですな。
第三幕は「船弁慶」。落語にもありますが、元々は能から来ているのようで。
襲名披露した又五郎さんは静御前と平知盛の亡霊の二役で登場。
静御前は表情が怖かった。若い女性というより、表情悪いが婆さんでした。
知盛の亡霊が最後、南座の花道で薙刀を振り回すのですが、迫力満点。
3階席からだと、振り回される薙刀の動きに、1階席の観客の表情が緊張しているのがわかりました。

午後8時過ぎに終演。

南座での公演は27日まで。
南座提灯


リンク:秀山祭三月大歌舞伎 - 松竹株式会社