21日土曜日は、道頓堀・大阪松竹座での「OSK日本歌劇団」の創立90周年記念公演「春のおどり」へ。
大阪松竹座OSK Poster
OSK日本歌劇団の創立90周年を記念しこの4月から来年4月まで、記念公演がこの大阪と京都、東京で開催。その皮切りがこの大阪で13日からありました。
OSK日本歌劇団90周年記念公演予定


詳しい内容はみのさんの観賞レポを拝読いただくとして、こちらは雑感を。

松竹座3階席より


松竹座は3階席全体が2等席扱いなので、花道まで拝める右サイドの席を選びました。
歌舞伎ではこの3階席でも前のほうはチケットの料金が高くなるのでは、券を買ったことはありません。

第一部の和物レビューでは、OSKの歴史紹介がラップ形式で振り返られていましたが、そのラップが聴き取れずイマイチな印象でした。
それ以外の舞い踊る場面は艶な美しさが全面に出て、まことによかったです。

第二部の洋物レビューはOSKの高いダンス能力が前面に出てて、みてて非常に興奮しました。
一糸乱れない動き。しっかりトレーニングされてきたのだと思いました。
トップスター桐生麻耶はとても股下が長く感じられた。10頭身くらいあるだろうと。

ラインダンスも見応えたっぷりでした。

22日で松竹座での公演が終わりますが、7月に京都南座、来年4月は東京日比谷日生劇場での公演。
大入り叶。

リンク:OSK日本歌劇団