「新千歳空港」の空弁と北海道土産について。
新千歳空港
「新千歳空港」て日本の空港の中では施設の充実ではナンバーワンではないかと思う。

レストラン街、ショッピング街だけでなく、温浴施設、ホテル、シネコン。
一日じゅう、おれるやないかと(笑)

ただ混雑度も半端や無くて。
私が大阪に帰ったはGWの中日の4日でしたが、それでも夕飯時は混んでいた。

したがってレストラン街ではビールだけに留めておいて(笑)
搭乗手続き後の、空港売店で「空弁」漁り。

搭乗手続き後は、航空会社系列の売店での購入となるけれど、
スカイマークの搭乗口にはる売店はJALの系列が運営していたのですが、そこの弁当はなかなかの品揃え。
新千歳空港の空弁


その中でミニサイズの「石狩鮨」をチョイス。
石狩鮨-1石狩鮨-2石狩鮨-3

今から機上の人になる前に去る北海道を惜しみながら。
・・・鮨飯が締まったなあ。

土産は搭乗手続き前にショッピング街で。
「佐藤水産」では旬である「春の鮭」と云われる「時不知(トキシラズ)」の刺身(冷凍)を。
時不知-1

(大阪の自宅まで)6時間かかるといったので、それなりに保冷バッグとドライアイスを詰めてくれました。

帰宅後、フリーザーにしまい、翌日半解凍で。
時不知-2

一緒に食べた家族は脂がのった「時不知」の濃厚な味に喜んでくれました。

そして全てを食べきらずに。

お茶漬けにしたら、これまた旨かったです。
時不知-3


丸井今井の「きたキッチン」では北海道ならではの食品が置いてあって、買ったのは、物産展お馴染みのROYCEの生チョコレートと、「トラピストバター」。
ButterとROYCE

バターはいろいろ種類があって「トラピストバター」は200gで840円と丁度中ぐらいの値段。
缶に描かれた北海道らしいイラストが気に入って購入してみたが。

これがコクがあって旨かった。

トーストにラーメンに、いろいろな料理にいけそうだ。

バターは風味が命であることがよくわかりました(笑)


「トラピストバター」は大阪でも高級スーパーに置いてあるけど、高いんだよな。
北海道土産として好適であると思います。

毎日の食事がちょっと変わりますよ。

参考リンク:
トラピストバター(北海道のおみやげ。いいもの紹介サイト)

以下、amazonにリンクしています。
トラピストバター 200g
トラピストバター 200g
クチコミを見る