19日土曜日の夜は、長居陸上競技場(長居スタジアム)でのJ1リーグ戦、セレッソ大阪×柏レイソル戦へ。
C大阪×柏-1C大阪×柏-2C大阪×柏-3
ガンバ戦以来の長居陸上でのホームゲーム。

対戦相手が日立製作所が支援しているレイソルということで、今季からセレッソのスポンサーになった三菱電機の協賛試合でした。三菱電機の協賛試合はガンバ戦もでした。
商売仇が相手のスポンサーなんで燃えるんでしょうな(笑)

入場時には三菱の広告入り団扇。
またハーフタイムには三菱の家電が当たる抽選会が行われました。私は当たりませんでした。
TVより掃除機が欲しかった(爆)

ただ三菱がスポンサーしてるねんから、菊池桃子(敬称略)を始球式に呼んできてくれよと(爆)


メンバーは以下の通り。

 播戸 ケンペス
清武     ブランキーニョ
 扇原   山口
黒木 藤本 茂庭 酒本
   金鎮鉉
(控え)
松井、高橋、山下、柿谷、横山、村田、永井

試合は立ち上がりから圧倒的にレイソルペース。
フロンターレ、そしてACLで全北現代を撃破した勢いそのままでした。
ただ、GK金鎮鉉選手の好セーブに、DF茂庭照幸選手の危機管理能力、そしてゴールバーは「不動の3バック」と化し、レイソルの雨霰のシュートを悉く防いでくれました。

そして先制したのはセレッソ。
相手のCKのクリアすると、カウンター速攻。最後はケンペス選手。
相手DFの裏に飛び出すと、GK菅野選手の動きをよく見て、放ったシュートはレイソルのゴールマウスに。
先制弾

ホーム開幕のガンバ戦以降ようやくの今季2ゴール目。

とても素晴らしいものでした。
凌いだ甲斐があったというものでした!

前半はこのまま1−0で終えハーフタイム。

後半も一進一退の攻防であったんですが、セレッソに痛恨のアクシデントが発生しました。
DFの要、茂庭選手が足を攣って、もんどりうっていました。
ピッチ外で手当を受けることを余儀なくされた瞬間。
セレッソの守備陣がパニックに陥り、失点を許しました。
同点弾逆転弾

相手のカードの切り方とか、タイミングがあったのですが、茂庭選手に頼りきったディフェンスであったことから、混乱したのと思われました。

茂庭選手はそのままベンチに引っ込み、横山知伸選手と交替しました。
大きな負傷でなければいいんですが。

その後はレイソルのほうが試合運びが上手で、ただただ時間が流れるだけでした。
終盤に酒本選手から村田選手が投入されましたが、後半39分はあまりに遅すぎる投入かと思いました。

結果、レイソルに1−2と逆転負けを喫しました。
試合終了スコア


◆5月19日 大阪長居スタジアム(長居陸上競技場)

C大阪 1−2 柏
(前半1−0)
(後半0−2)

【得点者】ケンペス(C大阪)レアンドロドミンゲス、田中順也(柏)

リンク:試合結果@J's GOAL