17日、大阪・阿倍野区の桃ヶ池公園市民活動センターで行われた「第609回田辺寄席」に桂福楽さんが出演。2席を受け持たれたようで。

桂福楽さんは何年か前の田辺寄席で初めて口演を聴きました。

演題は『笠碁』で非常に上品な語り口だったのが印象に残っています。

それ以降、繁昌亭など他の会場でも福楽さんの噺を愉しみました。

それが何年か前から落語会などで名前が出なくなり、どうしているのかと思ったら、WikiPediaに「闘病中」と書かれていて驚きました。

今年、その病を克服し、復帰。繁昌亭で会が開かれたようで。

福楽さんが、今月の田辺寄席の高座に上がることは知っていたのですが、仕事の都合で行けなくなったのは残念でした。

なお、田辺寄席では『子は鎹(かすがい)』をかけられたようで。

聴きたかったです。

リンク:
福楽君との、再開@小路がゆく